最初にむずかしい話になりますが、不妊の基礎知識として覚えておいてください。

不妊の原因には、生殖に関係する器官に障害があるケースと、原因がよくわからないケースの二つがあります。

生殖器官に異常があるケースには、男性の場合では、例えば、「精巣(塞丸)から精子が送られてくる輸精管が途中でふさがっていて精子が射精されない」「精子の数が少ない」などが原因となります。

女性の場合は、卵管がふさがっていて卵子と精子精が受精できない、などの障害があります。

このように生殖器官に異常がある場合は、検査で原因が見つかればそれをとり除く治療ができます。

医学の治療技術は、どんどん進歩しているので、これまで治療不可能といわれていた不妊も治すことができるようになっています。

問題なのは原因のわからない不妊

生殖器官にとくに障害がないにもかかわらず妊娠できないのですから、治療がむずかしいのが不妊となります。

このような原因がよくわからない不妊を治す方法として、世界中から注目されているのが「マカ」だそうです。

最近の研究で、原因のよくわからない不妊が、妊娠に関連したホルモンが十分に分泌されない、されても正しくはたらかない、あるいは全身の機能が低下しているために妊娠がスムーズに行われない、などの障害によって起こることがわかってきました。

しかし、マカには、このような不妊をまねく全身の機能の低下を回復させる効果があります。

マカを飲んで副作用があり後悔した

とあるサイトにこんな書き込みがありました。

先月からマカを飲み始めたのですが、すごく後悔しています。
今までずっと基礎体温を測っていたのですが、こんな事は初めてというくらい体温が低くなり、一向に高温期に入りません。

ホルモンバランスがくずれてしまったらしく、排卵もしてないようです。
今まで順調にあった排卵期のおりものもないし、そのかわりに不正出血が4日ほど続いています。最初は排卵出血だと思いましたが、今までの排卵出血よりも明らかに出血の量も日数も多いんです。排卵検査薬を1週間使いましたが毎日陰性。

マカのせいとはもちろん言い切れませんが、他にも似たような症状が出た人がいると聞いたこともあるし、それ以外に考えられません。
今は服用を一切やめていますが、今後きちんと元のとおりに戻るか心配です。マカに関して検索するとみんな決まって「食品だから副作用なし」と謳ってあるのを鵜呑みにしていたようです。

食品だからといって食べなれない物をいきなり頻繁に摂取すれば体調もおかしくなるはずですよね。とほほ。

マカには「合う」「合わない」はあるので、「副作用がある」言えませんが、この記事は2002年の書き込みでした。
今から15年前の話です。

マカサプリメントを飲んだ=妊娠

ではなく、

マカの純度が高い高品質のマカサプリメントを飲んだ=妊娠

が正しいです。

純度が高いマカサプリは不妊の原因を乗り除き妊娠しやすい体質に改善してくれます。

2017年の現在、医学の進歩に伴い高品質のマカもたくさん出てきていまし、私はマカの力で妊娠したと思っています。

流産の後マカを飲み始めて一ヶ月目で妊娠することができました

私は、結婚して1年ほどたつと、周囲の人たちから「赤ちゃんは、まだ?」と聞かれるようになりました。主人の実家が近く、近所の人や親戚がなにかと口出ししてくるのです。

だんだんプレッシャーが重くのしかかるようになり、子宮の検査を受けてみようという気になりました。

というのは、わたしは以前から生理痛がひどかったので、何か病気があるのではないかと心配になったからです。

生理痛は10代のころからで、ときには学校を休むこともあり、痛み止めの薬が欠かせませんでした。

検査の結果は、幸い、異常は何も見つかりませんでした。

そして、おととしの春に一度、妊娠したのですが、2カ月で流産してしまいました

流産自体は悲しいことでしたが、自分が妊娠できるからだであることがわかり、ある意味で安心したのも事実です。

流産を期に、毎朝、基礎体温をはかりはじめました。わたしが使っていたのは、排卵日や妊娠の有無が表示されるデジタル式の体温計でした。

しかし、あれから妊娠しない。

病院へ基礎体温のデータを持参し、見てもらったこともありますが、とくに問題はありませんでした。でも、不妊の原因はわからずじまいで、ストレスはたまる一方。赤ちゃんを望む周囲の声も、日増しに 高まっていきました。

漢方薬を飲んでいたがあきらめ、マカを飲んで「妊娠」マーク

漢方薬なら副作用もなく安心かと思い、近くの漢方薬局へ相談に行ってみましたが、体質を改善するしかなく、効果が出るまでには時間がかかる、といわれました。それで、漢方薬を飲むことは断念したのです。

そんな矢先、新聞に、健康雑誌の広告が載っていました。そのなかで「不妊」というタイトルに思わず目がとまり、さっそくその健康雑誌を買い求め、マカを知ったのです。

正直いって、効果のほどは半信半疑でしたが、マカが薬ではなく、自然の食品であるという点に安心しました。
※医薬品は通販より病院のほうが信用できるので・・・。

漢方薬をあきらめ、マカを飲んで「妊娠」マーク

漢方薬なら副作用もなく安心かと思い、近くの漢方薬局へ相談に行ってみましたが、体質を改善するしかなく、効果が出るまでには数年はかかる、といわれ、漢方薬を飲むことは断念したのです。

私が飲んでいたマカは「ハグクミの恵み」というマカです。

最初は、わたしだけ飲んでいました。分量は、1日あたり1包です。そのうち生理がきたので、主人にも毎朝、1包ずつ飲んでもらうようにし、わたしも1日2包に量を増やしてみました。

それを約1年続けたところ、基礎体温計に「妊娠」のマークが表示されたのです。

まさかと思いながら、病院へ行くと、やっぱりおめでたです。

不妊治療もせずに、こんなに早く妊娠できるなんて夢にも思っていませんでした。それまで冷たい目で見られている、と思っていた親戚のおばちゃん、やさしく「おめでとう。がんばったわね」といわれたときは、思わず泣きだしてしまいました。

マカを飲むときの注意事項とおすすめのマカサプリ

現在、日本ではさまざまなマカ製品が販売されています。なかでも、最も吸収率が高く、おすすめなのが100%純粋の頚粒状になったマカです。
通常は1日に1〜2包を目安に飲みます。

目的や個人差により、量を加減するとよいでしょう。ただし、一度にたくさん飲むのではなく、決めた量(1から2包程度)を毎日欠かさず飲むことが大切です。

続けて飲んでいれば、早い人で4〜10日ほどで効きめが体感できるようになります。なかなか効果があらわれない場合でも、根気強く飲み続けていれば、必ず症状は改善されます。不妊症の改善を目的とするならば、1年間は飲み続けてみることをおすすめします。

マカを飲むタイミングには、とくに決まりはありません。ただし、最も効果的なのは吸収率のよい空腹時です。また、1日に2包飲む人は、一度に全部飲まず、朝晩などに分けて飲むようにしてください。

穎粒状のマカは、飲みやすいようにパッケージされていますが、それでも飲みにくい、うまく飲めない人は、ジュースや牛乳などの飲み物や、ヨーグルトやシチューなどの食べ物に混ぜてとっても、効果に大差ありません。

夫婦でマカを飲むと効果的

マカは、夫婦ともに飲むのが理想的です。マカは女性に原因がある不妊にも、男性に原因がある不妊にも効果があるからです。

夫婦で飲めば、それだけ不妊をまねいている悪条件が解消され、妊娠のチャンスが増えるからです。

それが、従来の男性だけの薬であるバイアグラや、女性だけの薬・排卵誘発剤とは異なってすぐれた点です。夫婦そろって妊娠しやすい体質になれば、妊娠の可能性はさらに高いものになります

不妊におすすめのマカサプリメント

ハグクミの恵み

ハグクミの恵みは一般のマカより栄養価の高い農日本産マカを使用して作られたマカサプリで、実際私もこちらのマカサプリを使用していました。マカサプリの中では一番有名ではなないでしょうか。
返金保証もあるので、不妊に悩んでいる方にはおすすめです。

オールインワン妊活サプリ マカナ

マカナのハグクミの恵みの大きな違いは「葉酸」が配合されているかどうか。
厚生労働省も葉酸は妊娠をしようと思った時から葉酸を摂取するように推奨しているので、葉酸が配合されていると不妊解消の効果も高いはずです。
※別途葉酸を買って飲んでも問題はありませんが、葉酸が配合されているサプリ+葉酸サプリの2つを飲むと葉酸のとりすぎで身体によくありません。
ちなみに、マカの品質ですが日本産のみを使用しペルー産のマカは使用していないそうです。

何故マカサプリで妊娠するのか?マカの効果と効能


マカは南米原産の植物です。

根に滋養強壮成分が多く含まれており、ミネラルも大変豊富です。

おおまかな効果は疲労回復、更年期障害ですが、不妊については、精子を作る力を高めたり、不妊の原因となる血行を促進したりする働きがあります。

では、具体的にマカサプリを飲むと不妊の改善にどう影響するのでしょうか。

  1. マカはホルモンのバランスをととのえてくれる
  2. マカは成長ホルモンの分泌をもうながす
  3. マカは生理不順を正常に戻す
  4. マカは冷え性を改善する
  5. マカは精子の量を増やすミネラルを補充してくれる

詳しく説明していきます。

1.マカはホルモンのバランスをととのえてくれる

まず、機能性不妊の原因は、男女どちらにもあります。

女性だと卵巣や卵管、子宮などの障害が多く男性だと精子の数が少なかったり、精子の運動能力がおとるなどです。

マカを摂ることで女性ホルモンはどう整えられるのか

マカには、女性の生殖機能を活性化し、受胎能力を調整するはたらきを持つリジンと、成長ホルモンの分泌をうながすアルギニンが豊富に含まれています。

つまりマカサプリを飲むことで女性ホルモンの分泌が盛んになり、卵子の成長が正常に進み、排卵障害、月経不順などが解消きれます。

男性ホルモンはどう整えられるのか

マカに含まれるアルカロイドやステロイド、デキストリンなどがストレス性のインポテンツを解消し、精子の量を増やしてくれます。

細かく言うと、精巣(塞丸)の精子をつくる機能が活性化され、精子の数が増加し、運動能力が高く元気な精子がつくられるってことです。

また、陰茎動脈の血流を増加させて勃起しやすくしてくれます。

2.マカは成長ホルモンの分泌をもうながす

成長ホルモンは、脳の下垂体でつくられて、血液によって全身に運ばれ、筋肉をつくり、骨をのばし、内臓のはたらきを活発にして新陳代謝を高め、からだの成長を促進します。

成長ホルモンの分泌は、20才ごろをピークに低下し、40代になると20才のときの約60%しか分泌されなくなります。

つまり、成長ホルモンが少なくなるとともに老化が進んでいくのです。

老化は不妊の大敵で女性の場合は加齢による妊娠能力の低下、男性の場合は勃起不全が起こりやすくなります。

しかし、マカが豊富に含んでいるアルギニンは、成長ホルモンのもとになっている成分なので、アルギニンをたくさんとれば、成長ホルモンの分泌がうながされます。

つまり、マカを常用していると身体は若返ったと勘違いしてしまうんですね。

そうすると、内臓や各器官のはたらきが活発になるので、若いころのように生殖器官が活性化され、妊娠しやすいからだの環境になります。

3.マカは生理不順を正常に戻す

不妊の原因になる生理不順は、女性特有のつらい症状です。

マカに含まれるカルシウム、鉄、銅などの各種ミネラルやアミノ酸は、ホルモンのバランスをととのえ、生理不順を解消します。

4.マカは冷え性を改善する

不妊の原因の一つとも言われている甲状腺機能の回復や冷え症にも有効です。

甲状腺ホルモンは交感神経を刺激し、精神活動を活発にするはたらきがあります。

マカに含まれる成分が甲状腺ホルモンを活性化し、心身を元気にするのです。

5.マカはミネラルを補充してくれる

ミネラルには、ビタミンといっしょにはたらいて、からだのさまざまな機能を調整し、病気の症状や原因を改善する作用があります。

したがって、ビタミンをとるときにはミネラルも一緒にとる必要があります。

人間に必要なミネラルは、16種類あり、そのうちの7つが主要ミネラルと呼ばれて体内のミネラルの40%を占めています。

この主要ミネラルとは、カルシウム、リン、カリウム、イオウ、ナトリウム、塩素、マグネシウムで、骨格や歯を形成し、神経の興奮をしずめたり、心臓や筋肉の機能をコントロールしています。

また、その他の微粒元素といわれる鉄や亜鉛、銅、セレン、マンガンなどは、基礎代謝を高め、血液をつくり、発育を促進し、活性酸素の発生を抑制して、ガンを防ぐなどのはたらきをしています。

とくに、亜鉛には、精子の造成能力を高める作用があります。

ミネラルが不足するとどうなる?

大切なはたらきをしているミネラルが不足すると、生殖機能をはじめとしたからだの活動力が低下するので、糖尿病や心臓病、ガンなどの生活習慣病になったり、男性では精子の数が減って不妊症の原因をまねくようになるのです。

天然のマカにはミネラルが豊富な野菜のなかでも、ミネラルの数と含有量では群を抜いて多量に含んでいるのです。

マカのなかでもモラーダ種には、ミネラル含有量が多いと分析されています。

マカは、ミネラルのほかにもサポニンやタンニン、アルカロイドなどの有効成分も豊富です

このように、マカは妊娠を望むカップルはもちろん、生理不順、生理痛などで悩む女性にもすぐれた効果を発揮してくれるのです。