早ければ40代前半、遅くても別代の前半になると、女性はイライラなどの不定愁訴といわれる更年期の症状に悩まされます。症状のあらわれ方はさまざまで、頭痛、のぼせ、ほてり、肩こり、腰痛、動俸、倦怠感、不眠、うっ症状などがあり、多くの場合、いくつかの症状が同時にあらわれます。

原因はまだ完全には解明されていませんが、閉経にともなうホルモン分泌の変化が原因になっていると考えられています。
閉経は、卵巣からの排卵が終わることで、排卵を誘発する女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなって起こります。

マカにはこのエストロゲンの分泌をうながし、排卵異常を改善して不妊症を解消するはたらきがあります。
そこで、閉経前後の女性がマカを飲むと、年期障害の症状が緩和されるのではないかと考えた学者がいました。

彼はまず、実験用の雌ラットから卵巣を摘出しました。エストロゲンは主ぼとして卵巣から分泌されているため、摘出すると分泌は減少するので、ラットには更年期の症状があらわれるようになります。
しかし、卵巣を摘出してもエストロゲンを投与すれば、症状はあらわれないはずです。

その学者は、エストロゲンのかわりに、ラットにマカを投与しました。すると、ラットにはエストロゲンを投与したのと同じ効果があらわれました。つまり、更年期障害の症状があらわれなかったのです。
その学者は、この実験結果が、マカの更年期障害症状の緩和効果を証明していると発表しています。