16世紀のはじめ、現在のペルーにあったインカ帝国を侵略したスペイン人は、とても信じられないような光景を目にしたといいます。

それは、アンデスの山岳地帯で暮らす人びとをはじめて見たときのことです。栄養状態のよい子どもたちや、きわめて体格のよい大人たちの姿にスペイン人たちは驚き、「気候がきびしく、耕地も少ないアンデス山脈の高地なのに、なぜみんなこんなに若々しくて体格がよいのだろう。いったい彼らは、何を食べているんだろう」と疑問を抱きました。そしてアンデスの人びとの食生活の研究をはじめ、マカという貴重な生薬にたどり着いたのです。

もちろん、当時は現在のように食品の成分を科学的に分析することができなかったので、マカを食べるアンデスの人たちがなぜ若々しく元気なのか、それ以上の説明はされていません。

これは、マカに豊富に含まれる有効成分のなかでも、とくにアルギニンのはたらきによるものと考えられます。アルギニンは、必須アミノ酸の一つで、体内でタンパク質をつくるとともに、生物を成長させるホルモンの生成にかかわっています。

筋肉や骨の発育をうながし、生殖機能を活発にさせるのです。きびしい自然環境のなかに暮らしていても、マカを常食しているアンデスの人びとが若々しく、体格がよいのは、アルギニンのはたらきによるものだったのです。

また、マカに多量に含まれているビタミンとアミノ酸は、皮膚や粘膜を保護し、皮層の細胞組織の新陳代謝を活発にさせるので、マカを飲むと肌荒れを防ぎ、皮層をみずみずしくたもつ効果があることも忘れてはいけません。

マカは理想的なサプリメント

マカは、スーパー滋養源といえます。タンパク質の素材である必須アミノ酸が豊富に含まれ、良質の糖分に富み、各種のビタミン、ミネラルをたっぷり含んでいます。マカを食べていれば、からだが養われ、エネルギー源を得ることができます。

天然のマカはいわば、理想的な滋養強壮のための薬草なのです。いいなおせば、マカは理想的なサプリメント(栄養補助食品)といえるのです。
必要な栄養素は、毎日の食事からとることが理想ですが、日本の農作物は、長い間の化学肥料の多用や、効率化を優先するあまり、年々、ビタミン・ミネラル等の含有量が低下しています。従来の基準値にくらべ、実際の野菜果物の栄養素があまりにも少ないために、一昨年、基準値の見直しをしたほどです。しかも、あわただしい生活のなかではなかなかできないことがあります。

とくに、ひとり暮らしや高齢者だけの家庭では、三度の食事だけで必要な栄養素を十分にとることは不可能といえるでしょう。
こうしたときに、サプリメントを飲むと不足する栄養を補うことができます。あわただしい現代社会では必需品といえます。

しかし、ここで科学的につくられた合成ものを選ぶか、天然ものを選ぶかで、確実な差が出てくるのです。たくさんのサプリメントを買うとお金がかかります。マカならそれだけで必要な栄養素のほとんどを摂取できます。このようなことからも、マカのモラーダ種は理想のサプリメントといえるのです。